いつか自分のペンションを持ちたい..そんな男のDIY記録

DIY 猫フェンスドア

DIY
Updated 2020.06.09

DIY 猫フェンスドア

うちには猫が3匹いるので、毛や、暴れん坊具合がすごいのですが、

寝室にガンガン入ってきて、嫁子がくしゃみや、アレルギーもあるので、布団に

頻繁にダイソンをかけたり、色々していましたが、

子供が喘息で入院したので、立ち上がりました。

上記写真は現在風景。

最初はラティスみたいなものと、真ん中にある骨板もなかったけど、

猫が強引に入ってくるので、追加しました。ちょっと見た目がわるくなっちゃったけどまあご愛嬌。

どうせ子育てハウスだしね。

まずはドア枠のサイズを図って設計図を練る

こんなもんかな??

ってまずはスライドドアになるドアを作ってみた。もちろん少し上下小さめにして。

レールは、電気コードを隠すプラスチックのやつ(配線カバー)

下は足で踏む場所なので、痛くない方で、(配線カバーの)上は大きいコの字の方にしました。

 

レールの上を這わす車輪は、なんかホームセンターで売っていたやつ

 

 

枠の木は2000mmの10本セット1000円くらいの杉材のやつ

中の木はひのきのやつ。(ぬっちゃったからなんでもよかったかな)

 

枠の杉材に穴を開けてミニビスを届くようにした。

結構まっすぐ穴開けるのに苦労したし、

穴開けてから ビスをまっすぐ打つのがバランス感覚超必要だった。

 

感覚で作っていったから、機械じゃできない 人間わざ。

枠の結合等はステップルで打ち込みました。

 

 

もちろん猫用ドアもスライドするよ。

結局白く塗りました。

 

 

結局こじ開ける猫が登場

うちのボスねこ年長者が ドアを開ける要素で開けちゃうので、こっちも意地で

鍵てきなものを作りました。

 

 

そう、元々、ドアを開けられないように、木をつけていたのですが、その木をそのまま利用して、その同じ平行ライン?に猫ブロックスライドドアをつけてあります。なので、

木の分ドアの上部に隙間があるのですが、ちょうどその隙間を利用して、指で中からも外からも、かんたんにロック?が外せるようになってます。

結合部に滑り止めに100均で熱で形が変えれるプラスチックをはってます。

 

これで、とりあえず、猫を寝室に入られないようにできました。

風通しもできるし、開放感あります。

 

次作るなら、他人に見せる用に作ってといわれれば、もうちょっといい感じにつくれるかな〜とおもいます。

が、まあこれでよし。

 

多分、もっと細かく木を入れれば、補強しなくてもよかったと思います。強引に入って来れちゃったのです。木がしなるから。

鍵?ロックの部分は、みなさんお好きに工夫してください。多分買えばもっといいものがあると思います。

あくまで、子供と一緒に作ったので、面白半分です。

 

 

 

 



L.T.M.P.【Lode To My Pension】DIYマスターへの道
いつか自分のペンションを持ちたい..そんな男のDIY記録

 

PAGE TOP